相武紗季、話題のドラマ「硝子の葦」で激しい濡れ場、ドラマを見るには

相武紗季(29)が30歳を直前に新境地のドラマに挑戦している。ポスターでも話題だったが、第一話が放映され、その予想以上の激しいベッドシーンが話題になっている。

ほぼ全裸で撮影したというポスターが、ドラマの象徴的カットとなっています。

20150226a

スポンサードリンク

「硝子の葦」とは

直木賞作家・桜木紫乃の初の映像化である、ミステリー小説『硝子の葦(がらすのあし)』をドラマ化。桜木紫乃は、エロスに対し独自の視点から綴られる作風が多くの女性の支持を得ており、今作も女性の業と情念から生まれる犯罪を性愛シーンを絡めながら巧みに描いている。ラブホテル「ホテルローヤル」が物語の中心となる。桜木紫乃の実家は、実際に過去にラブホテルを経営していたそうで、その経験も生かされていそうだ。

相武紗季は、複数の男性とかなりの濃厚なベッドシーンやキスシーンがある。さらに、殺人犯で焼身自殺を図るという役だ。どのような演技かが注目される。

WOWOWで全4回放映予定。毎週土曜夜10:00放映

初回では、夫役の奥田瑛二と激しいキスやベッドシーンがあり、愛人役の小澤征悦ともベッドシーンを繰り広げている。「ここまでエロイとは・・・」という視聴者からの感想があるそうです。相武は、役では、タバコを吸ったり、きつい表情を見せるなど、今までのイメージと違って強烈な存在感を放っています。

20150226b

スポンサードリンク

あらすじ

北海道釧路にあるラブホテル「ホテルローヤル」オーナー(奥田瑛二)の妻・幸田節子(相武紗季)は、幼少期に母親・律子から虐待を受けて育ち、律子を激しく憎悪していた。律子の元愛人で親子ほど年齢が離れた喜一郎と結婚するものの、夫を裏切り、税理士・澤木昌弘(小澤征悦)と不倫関係を持っていた。ある日、節子と澤木が不倫中に喜一郎が車で事故に遭い、意識が回復する見込みはないと宣告される。不倫、誘拐事件を経て、焼身自殺を図るまでに追い込まれていく、節子の複雑な境遇を描く。

【WOWOW】 連続ドラマW「硝子の葦 ~garasu no ashi~」番組宣伝映像(ラブノワール編60秒)

ドラマのダイジェスト版で、あらすじや登場人物を確認してください。

「硝子の葦」を見るには

残念ながらYouTubeには動画はありません。著者権も厳しい昨今ですので、期待しない方が良いです。
しかし、WOWOWに加入したら、今なら1話から見ることができます。
テニスやサッカー、ゴルフ、アカデミー賞など、民放で見れない番組も多いので、これからは入って損はないかもしれないですね。

WOWOWは、新規加入e割で最大二ヶ月分1800円です。翌月からは一ヶ月2300円となります。

「硝子の葦」第1話再放送 2/28(土)午後0:00

ドラマ放映は、毎週土曜夜10:00放映 全4回

■関連サイト
WOWOW

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です