今が作り時期、おいしい梅ジュースの作り方を人気レシピでご紹介します。

梅酒や梅干つくりの時期がやってきました。お酒は苦手の方は、梅ジュースがおすすめです。天然の梅で美味しいジュースが作れます。疲れやすい方にも梅が手軽にとれます。美味しい梅エキスは健康にもお勧めです。

スポンサードリンク

梅ジュースを作るのに最適な時期

20150510a

5月上旬から青梅が店頭に並びだしました。まだまだ青々としていますが、梅酒と違って、青い時に漬けるのがベストです。日が経つと、青々しさがとれて少し黄味ががってきますが、甘みが出るのですが、漬けるとどろっとしてしまい、梅シロップを作るのには適さなくなります。5月下旬になると黄味がかってきますので、早めに購入してください。また、買ったらすぐつけてください。ぜひ梅雨に入る前に作っておきましょう。

用意するもの

20150514b
出典:ほりぐち農園

青梅 1kg
氷砂糖 1kg
びん 4Lか5L
竹串

※梅と氷砂糖は、1:1です。

ビンのサイズ

梅1kgに、びんが2Lだと、全部入りきらないです。その場合、3分の1くらい入らないですが、翌日になると砂糖が溶けていますので、残りの梅と氷砂糖を入れてください。

作り方

1.ビンを煮沸消毒します。

熱湯をビンにいれて、瓶を回して全体を消毒します。お湯を捨てたら、きれいな乾いた布巾の上に逆さにして、完全に乾かします。

2.青梅を洗います。

20150510b

流水を流して洗うのがおすすめです。1個1個丁寧に洗います。洗剤は使いません。

3.水気を切ります。

きれいな布巾で1個1個完全に水気をふき取ります。水分が残るとカビの原因になるので、きれいにふき取ってください。

スポンサードリンク

4.梅のヘタをとります

竹串で1個づつへたをとります。くるりと周囲をなぞるように回すととれます。ヘタをとるとえぐみがなくなります。
この時は、竹串や爪楊枝を使います。金属は梅と相性が悪いので、必ず竹製を使います。
ヘタを取る前に洗ってく乾かしてださい。へたを取ってから洗うと水がたまってしまう可能性があります。

5.冷蔵庫で凍らせます

20150514c
出典:ほりぐち農園

梅酒と違う工程が凍らせることです。チャックポリやビニール袋に入れて密封して、冷凍庫で一晩凍らせます。凍ると梅の繊維が破壊されてエキスが出やすくなります。

6.ビンに青梅と氷砂糖を交互にいれます

さて、いよいよ漬けていきます。ビンに青梅を底に軽く敷き詰めるくらいに入れたら、その上に氷砂糖を入れます。
その上に、青梅、氷砂糖、青梅、氷砂糖を交互に入れていきます。最後は氷砂糖が上にになるように入れます。

7.保管、そして毎日ビンをゆすります

ふたをして気温差のない冷暗所におきます。できれば毎日ビンを静かにゆすって、砂糖が溶けるようにします。
1ヶ月くらいで完成です。1ヶ月経ったら梅は取り除いてください。渋みが出てしまいます。

8.殺菌してアクをとります

鍋に移し替えて、沸騰しない低温で15分くらい加熱して、あくを取ります。完全に覚ましてからビンに移して冷蔵保存します。

耐熱ガラスの瓶の場合は、湯煎して上のあくを取ります。

飲み方

20150514a
出典:紀州梅苑

梅シロップは瓶に入れて冷蔵保存します。

出来上がった梅ジュースは原液梅シロップなので、グラスに入れて、3~4倍のお好みの薄さに水やソーダ水で希釈します。すっぱい場合は、はちみつを入れるとまろやかになります。

きちんと熱で殺菌して密封して冷蔵庫保存したら、約1年間保管ができますので、来年の梅の時期まで楽しめます。

まとめ

1年間手作りのジュースが楽しめるのは、嬉しいです。ぜひチャレンジしてみてください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です